カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
物干し 郵便受け ゴルフ練習ネットを中心に物干金物、室内物干し 光触媒人口観葉植物、ガーデニング用品、環境対策商品などを取り扱うインターネットショップ【ティーアップ】です。ご覧頂きありがとうございます。
多数メーカーの物干し・ベランダ物干し・物干金物など
金物メーカーからサッシメーカーまで多数取り扱い!物干金物ならおまかせください!
デザイン郵便受けや新聞郵便受けなど郵便受けたくさんあります!
シンプルポストからデザインポストまで多数品揃え!お気に入り郵便受け見つかります!
折りたたみゴルフ練習ネットから本格派ゴルフ練習ネットまで!ゴルフ練習ネットあります!
折りたたみ式から本格2人打ちのゴルフ練習ネットまで!送料込みのお値段でお届けします!

物干案内 材質 製造方法

壁付け物干金物の材料アルミニウムの特性とは
★軽 い
アルミニウムの比重は2.7。鉄(7.8)や銅(8.9)と比べると約1/3です。
自動車、鉄道車両、航空機、船舶、コンテナなどの輸送分野で多くのアルミニウムが使われています。
★強 い
アルミニウムは比強度(単位重量当りの強度)が大きいため、輸送機器や建築物などの構造材料として多く使用されています。
★耐食性がよい
アルミニウムは空気中では、ち密で、安定な酸化皮膜を生成し、この皮膜が腐食を自然に防止します(皮膜の自己補修作用)。
耐食性をさらに高め、強度も兼ね備えたアルミ合金は各種の用途に採用されています。
★加工性がよい
アルミニウムは塑性加工がしやすく、さまざまな形状に成形することが可能です。
また、できあがった製品素材をさらに成形加工したり、製品の表面などに精密加工を施したりすることも比較的容易です。また切削加工性にもすぐれており、金型などの工具類や機械部品に使われています。
★電気をよく通す
アルミニウムは導電体としてきわめて経済的な金属です。電気伝導率は銅の約60%ですが、比重が約1/3であり、そのため同じ重さの銅に比べて2倍もの電流を通すことができます。現在では高電圧の送電線の約99%に採用されるとともに、導体(板・管)などに広く使われており、エネルギー利用、エレクトロニクス分野での需要が大きく伸びてきています。今後、自動車のワイヤーハーネスへの適用拡大が期待されます。
★磁気を帯びない
アルミニウムは非磁性体で、磁場に影響されません。この特長は、アルミニウムの他の特性である、軽い、耐食性にすぐれている、加工性がよい、などと組合わせることによって、さまざまな製品に生かされます。おもな製品としては、パラボラアンテナ、船の磁気コンパスなどの計測機器、電子医療機器、メカトロニクス機器などがあげられますが、さらにはリニアモーターカーや超電導関連機器にいたるまで、その用途が大きく広がっています。
★毒性がない
アルミニウムは、無害・無臭で衛生的。万−なんらかの化学作用で金属が溶出したり化合物をつくったとしても、重金属のように人体を害したり土壌をいためたりしません。この特性を生かして、食品や医薬品の包装、飲料缶、医療機器および家庭用器物などで広く使用されています。
★美しい
アルミニウムは素地のままでも実しい金属ですが、陽極酸化皮膜処理(アルマイト処理)などさまざまな表面処理を施すことによってより美しくなり、また表面を硬くしたり、防食効果を高めたりすることができます。陽極酸化皮膜処理の際に自然発色や電解着色などによってアルミニウムに多彩な色をつけることが可能であり、建築外装や包装材などデザイン性が強く求められる分野に最適の材料です。
★再生しやすい
アルミニウムは他の金属と比ペると腐食しにくく、融点が低いため、使用後のアルミ製品を溶かして、簡単に再生することができます。しかも二次地金(再生地金)をつくるのに必要なエネルギーは、新地金をつくる場合と比べてわずか3%ですむといわれています。
また品質的にも、新地金とほとんど変らないものが製造できるため、たいへん経済的な材料だといえます。
とくに飲料缶では、空き缶を回収し再資源化しようというリサイクル運動が全国各地で行われており、省資源・省エネルギーを果すとともに、地球環境保護の推進にも大きな役割を担っています。
このことは、今後ますます増加するアルミ需要に対する安定供給の大きな助けになります。

壁付け物干金物の製造方法【ダイカスト】とは・・・・
溶かした合金を金型に圧入して製品を作る製造方法です。
車のエンジン部分などもダイキャスト製法で作られているます。
ダイキャスト製法の良い点!
●複雑形状の製品が大量生産可能・・・細かいディティールデザインが安易に可能。
●寸法精密度UP・・・金型に流し込む一体製法のため、寸法の狂いがありません。
●表面滑らか・・・表面が滑らかに仕上がるため、メッキや塗装などの表面処理がきれい。
●軽量・・・複雑な形状のものも薄い肉厚で製造可能なため、従来に比べて軽量。
●コストダウン・・・金型製作費は高価ですが1つの金型から数千〜数十万個の製品が製造可能なため、結果的にコストダウン可能。
製造方法
ダイカストという製造方法は原材料である溶けた合金(溶湯)を金型の中に入れて高圧を加えて流し込む方法です。
物干しなどの金属製品以外にも自動車部品、オートバイ部品、産業機械、OA機器などの部品製造方法として使われています。
実はとても身近な商品に使われいるなのです。

製造方法は可動型と固定型の金型が閉まった状態で、給湯ロボットがアルミニウム合金等の溶湯を、保持炉から円筒形のスリーブ内に汲み入れます。
次にプランジャーチップと呼ばれるピストンで、溶湯を高速、高圧で金型内に押し込みます。
金型から出させた商品は研磨、塗装、商品組立、検査等を行い製品となります。